大きい自分と小さい自分

いつも笑って大丈夫ってわたし。

受け取らなくたって、どんどん手渡していくことで大満足のわたし。

手のかからないわたし。

 

ほんとは先が不安なわたし。

わたし個人をそのままにドンと受け入れて、ニッコリ微笑んでもらいたいわたし。

手のかかるわたし。

 

切り離せないからこそ、どっちも大事。