目の前の感情なんて・・

あぁ、爽やかな日曜日の朝なのに、なんとなく悲しい。

子どものころ、手を焼かせない子どもだったが、今振り返ると、眠くなると途端に機嫌が悪くなった。親は当然分かっていたと思う。あの時、「眠いから機嫌悪いのよ」と言ってくれればよかったと思っている。そうしたら、もうちょっと頑張れたと・・・想像するw

感情から、体に感覚をシフトしてみると。
胃が重い。両肩が重い。
うーーーーーん、なんとなく、胃が重いだけで、悲しい気持ちになっている気がしてきた。

しょせん、目の前の感情なんて、些細な事で振り回されるものかもしれない。だからこそ、腹の底に流れる想いや、何かしらの決意が必要なんだな。

当然ね、悲しい事やせつない事なんて、いつも胸にみんな抱えているものだろう。朝起きると一番にそのことを思い出したりするとね、辛いけど。わたしは、生きているな〜って味わうことにしてる。(たまに、落ち込むけど、おしいもの食べる時には、忘れてるw)