自分の中の闇とたたかう・・のではなくて、受け入れる・・ってか、あるだけなんだけど。

手嶌葵さんの歌が素敵だと、前のブログで書いてますけど、その流れで『ゲド戦記』観ました。(っていうか、以前観て、うっかり忘れていただけでしたw)

 

〜自分の中の闇と戦う〜ってのがテーマの、ファンタジーです。

http://www.ghibli.jp/ged/ 

 

これも先日のブログで、「マイ ダーク〜〜・・」ってなこと書きましたが・・・、今日も自分の中の<嫉妬>という気持ちに出会いました。

 

そういう自分に出会うのは、いい気分ではありませんが、

「嫉妬なんか、しちゃいけない。」なんて小市民的には改心したくなるけど、思うのは出来るだけやめようと思います。それってもうある訳ですから、否定しても始まらないんですね。

 

『ゲド戦記』の中でも、自分の中の影と向き合うことで完結していくのですが、私の中のそういう気持ちは、自分なんですね。受け入れるもなにも、<ただ、ある>ってだけのことです。

 

嫉妬は、憧れだったり、夢だったり、未来だったりの裏返しです。嫉妬を感じるも感じないも、その人次第だけど、自由ではありませんね。こればっかりは、勝手にわき出てくる感情ですから。

 

ま、嫉妬という形だけで、ぽとんと黒いものを“心の闇大福”みたいに置いておくのも、腐りそうで気持ち悪いので、これも勝手に自分の中で“心の闇大福”を“おいしい大福”へと置き直すんですね。

 

で“おいしい大福”が何かというおと、

私も、がんばろーー!!っていう気持ち。

私も、活かされたーい!!っていう気持ち。

です。

 

みんなも、自分の“心の闇大福”に優しくしてあげてくださいね。

闇大福もツンデレで意外とかわいい奴ですよ。きっと。。。と、思いたいw

 

・・そしてね、嫉妬だけの気持ちな訳じゃないんですよ。

たくさんある感情の中で、つい闇はどこか魅惑的で、そこに気持ちを取られてしまうけど、嫉妬の他にも、たくさんの気持ちを感じたはずだと思うんです。