登美子のダンス評論(すごく、アテにならないと思う)

 

長くなりそうな予感なので、読む人はご注意を。

 

さて、今日は、色々な場所で夏らしいお祭りやイベントが行われたようですね♪

 

私と息子も、地元の人たちが開催している、秋川の駅前のお祭りに遊びに行った。

昨年も参加したが、見事な素人仕立てのお祭りで、規模は小さいなりに、それなりだけれども、屋台はテキヤさんはいっさいおらず、全て地元の人たち。

 

さりげなく楽しみにしているのが、東急前の仮設のステージでやる、子ども達のHIP HOP。

登美子とHIP HOPは、遠いですね、、遠い。

 

ま、前にも書いたのですが、ジャンルや、上手下手はともかく、私、人が踊ったり歌ったりするのを見るのが好きなんです。特に、子ども達のものが、キラキラで大好物。ようはキラキラ好き。昨年たまたま居合わせて、観たのですが、田舎のクラブとは言え、とても上手なんですよ。そんな訳で、たんに暇つぶしとも言えますが、息子とあれやこれやと食べ物をお店で買ってきて食べながら、ステージ前に座りこんでおりました。4時間は、座ってた。我ながらスゴイ。

 

最初が、フラ。しかも、自分の母位のお年の方々のフラ。

クオリティだけ言うなら、バカにしてしまおうと思えば、もしかしたらそれだけのことなのかもしれませんがね、良いんですよ。ハワイ島に一度は皆さん行ったことあるのでしょうね〜〜という感じ。彼女たちの頭の中には、夢の島、南の島、あの憧れのハワイが展開されているように思えました。年を重ねても、恋とか、彼の素敵な瞳〜♪とかの歌詞にあわせて、踊ってらっしゃるのが、なんともいい。そう私は思いました。そして、みなさん、衣装の転換が早い。3回は着替えられたはず。・・・楽屋の方を想像すると、すごいことになっていたでしょうね。。

 

さて、次もフラ。今度は、私より少し下、30台くらいの女性が中心のフラ。

色々な人・・・というよりは、色んな気持ちで踊っているのが分かりました。

緊張している人、少しでもキレイに見せたい人、シンプルに楽しんでいる人、先生は観客の気持ちにも手を届かせるようなダンス。その中で唯一1人、私の心にひっかかった女性がいました。

 

すっかり顔は陶酔で、空に手を掲げるときなど、ちょっと何かの最中のような恍惚とした感じで。彼女だけが・・もちろん本当は先生もでしょうが、フラの本質について触れたことのある人なんだろうな〜〜という気がしました。

 

神様に捧げる踊り。そう、フラはそれが一番ぴったりに感じる。

 

話しはそれますが、フラの前にベリーダンスもあったんですけどね。感じなかったので、省きましたが、こういうネイティブ感の強い踊りといのは、肉感的な女性の方が、舞台映えするのだな〜〜と今日改めて感じました。その恍惚の彼女もそうですが、ベリーダンスも、痩せてる方の方がどう考えたって洋服ではスタイルいいはずなのに、踊り出すとむちっとした方のが、圧倒的に色っぽいし、華がある。不思議なものですね。。(という訳で、縁はございませんが、私もやるなら、そっちしかなさそうですね・・・w)

 

次は、楽しみにしていた、HIP HOP。2つのクラブがあります。

おやおや、先生の説明によると、ディズニーのオーディションに通ったそうで、今度ディズニーランドで踊るそうですよ。おぉ、先生はマイケルのステージ立ったことある!・・ね、やっぱり上手いチームだったんだ。

 

ちびっこがまぁかわいい。キラキラ、キラキラ!もうそれしかない。

見せ方をよく知っていて、ちょっと時にひくけれども、きらきら!

母さんは、キラキラだけ・・・それだけで充分だよ。。

3ちゃいさんとかもいるから、もうこれまたかわくて。いよいよ、母さん越えて、おばあちゃんの心境かもしれない。。

 

未来の踊りだね、HIP HOPは。

自分の先にある光をみながら、踊っている感じがする。

 

そして、このダンス、上手に「動きを止める」ことが大事なんですね、、きっと。

うごく、とめる、うごく、とめる。瞬間ですけど。

とめるのが、下手な子は、他がよくても、ピンと来ない。

うーーん深い。

 

さて、最後のよさこいは、昨年次男が小学校で練習して、ここに立たせてもらったのですが、まぁもういいかな・・と母は思ったのですが、次男に「みる!」とがんばられて、結局最後の最後までステージ前にいることに確定。そのせいで、御神輿も、山車も、まともに観なかった。。

 

HIP HOPも大人もいたけど、平均年齢にすれば、そうね・・12、3才といったくらい。

よさこいは、すごい。小さい子から、大人までまんべんなくいた。圧倒的に50代〜60代の女性が中心だけど、一番年齢的にひろがりがあった。

 

その中でまたひときわ、私の目にとまったカワイ子ちゃん♪

田舎の幼稚園のかわいい先生・・(語弊がある?あるか???)といった雰囲気のキラキラさん。10代後半かな。まだ、先生にもなれないか・・・あはは。

これが、なんていうんですか、彼女の世代にはどう考えてもピンとこないだろう、演歌ちっくな曲と内容に合わせて踊るんですよ。あれは、またどんな気分で踊ってらっしゃるのやら。

 

汗の種類が、前の2つのダンスとまるでちがう。

だんだん、いやらしいおじさんめいたコメントになってきたけれど、気にせず行くと、一番いい香りがしそうな感じ。

 

えーっと、動きも、曲も、衣装も、色気めいたことはほぼない訳です。何しろ、HIP HOPなんて、小学校の高学年くらいに、黒の網タイツにわざわざ穴あけさせて、おへその下までかなりきわどい衣装で、それにあわせたフリ付けで、ちょっと合わないというか、えげつない感じがしたくらいだったんです。

 

それに比べて、あのよさこいの、さわやかな笑顔ったら。

HIP HOPのように(あ、今日私がみたものだけのことですよ、そんなに色々しらないから)弾けた笑顔!的なことでなくて。

 

・・みんなで一緒に!といった気遣いとか。そういう中に、どうしても、色気を探し出して、一番ピンときてしまうんですね。あ〜〜〜アイアム ジャパニーズですよ。

 

そんな訳で今日の私のカワイ子ちゃんは、

一位:よさこいの最前列の、向かって左から3番目の彼女(あはは)

二位:フラの陶酔の彼女

三位:ご近所ということで、フラの近所の奥様

じゃじゃーん♪♪

 

今を踊る、よさこい。

未来を踊る、HIP HOP。

神様にささげる、フラ。

 

ステージとしてクオリティが高いのは、HIPHOPだけど、どの女性たちも、みな素敵でした。来年も、タイミング合えば、まだステージ前に居座ろっと。

 

ダンス評論だったのかな??鼻息荒く書いてしまいました。失礼しました♪