ええも、悪いも、ええ。

人は色々な感情を抱きながら生きているのだけれど、
こんな悪いことを考えてしまった・・とか、随分いい事思いついたな〜とか、俺って意外に良いヤツなんじゃないか?とか。

真面目な人は、社会的に考えて、倫理的に考えて、
「どうして私はこんな事を考えてしまうのだろう。思ってしまうのだろう?」と感じることがあると思います。でも、そんなの、ええと思います。・・というか、感じることに、ええも悪いもないと思うからです。

ただ、感じた。それ以上でもそれ以下でもない。
普通こう考える・・みたいな事にそっていなくったって、ええと思います。

結果、それを越えて、何かを選んで生きている訳ですから。
感じることくらい、自由さを許容しておかないと、何を選ぶか?と考えるときに、かえって冷静さを欠くように思う。

理不尽なことや、思い通りにならないことと、一緒に私たちは生きている。
自分だって一緒。ええも悪いも受け取って、冷静に自分と向き合っていきたい。

許容して前に進むからこそ、なりたい自分に近づいていける気がするんです。