彼と彼女のこと

意味深なタイトルですが、中学生の話しです。
3,4日に一度くらいでしょうか?私が朝車で町まで下山途中に、

男の子と女の子が2人並んで登校していくのを見ます。
ここ2年、小学校6年、今中学1年となった彼らの横を車で通りすぎてきました。

同じような背格好で、どちらかというと彼女の方がボーイッシュで、同じような黒縁のメガネをかけています。いつも楽しそうに笑って話しながら行きます。最初双子かな?と思ったりしていました。

そして、4月になって会ったら、中学校の制服を着ていました。中学生になったのです。その頃、今までになく楽しそうに笑っていました。笑い合う表情をみて、「あぁ兄弟ではないんだな。」と分かりました。

・・私は心配になりました。笑顔の様子が変わっていくたびに、なんとなくボーイッシュな彼女の体型がほんのり丸みを帯びていくような気がしたときに。

「この2人の笑顔の登校が、これからも続きますように。」と、そっと心の中でお願いしていました。

昨日彼女が1人で歩いているのを見ました。当たり前ですが、1人で歩いているので、笑っている訳もなく、淡々と学校に向かっていました。

思春期が来たという事でしょうか?

・・これは、私の妄想で、もしかしたら双子かもしれないし、単に昨日彼の方が学校を休んだのかもしれません。でも、もうすぐ、やってくるだろう目覚めに、ちょっと切なくなる朝の光景でした・・

もうちょっと見てたいな。