無駄禁止の心得

私は、家計簿がつけられない。

 

主婦になりたてのころは、「そうは言っても節約のためにも・・・。」と思い、

何度かチャレンジしたが、

2,3日でお蔵入りした家計簿が数冊、

押し入れから発掘される頃になって、仕方ないので自分を許してやることにした。

 

最近、またレシートを張るタイプの家計簿がでてきて、これがとても優秀!

(こんなに忙しくなければ、これは続いたと思う)

でも、仕事が忙しくなってきたら続けられず、3ヶ月で結局リタイアをした。

 

そんな訳で、出来ることは何か?と言えば、無駄遣いしないことである。

 

無駄な買い物をしなければ、部屋もちらからない。

無駄な食べ物もかわなければ、ダイエットにもなろう。

 

だから、買い物・・まずは一番危険な「服」の買い物の注意点をひとつ。

 

「あ〜これいいかも〜!」と思って、おもむろに服を掴み、鏡の前で合わせ、

「あ〜これここがいい!あ〜サイズもいいし。あ〜値段も手頃だし。」などと言って、

1人で無言のまま、意味不明に少しづつ自分を盛り上げていくような、

気付けばなんとなしに呼吸も浅くて、変な脂汗さえかいている。

そんな時は、ダメですよ。買っちゃ。

経験上、そうやって買った服は、付き合いが長く続かない。

 

恋愛もそうですが、頭で考えて、付き合い始めちゃ面倒になる。

「なんかいいな〜」と、すっと手が伸びるのがいい。

 

運命的な出会いの時は、心静かに、そっとレジに運びますもん。

みなさんも、覚えがあるのでは?

 

・・次に私が危険なのは、「プレゼント」。

私、人にモノを贈るのが割合好きなんです。

 

雑貨に限らず、差し入れみたいな事とか色々だけど。

いいタイミングで相手の喜ぶ顔が見えそうなモノ見付けると、

ついプレゼントしたくなっちゃう。

 

でもね、最近分かったんです。

何事もやり過ぎはいけません。だから、がんばってこらえてます。

 

人へのアドバイスも同じ。

アドバイスというのは、質問を受けてから、何か言えることがあれば、答えるものです。

聞かれてもいないのに、あれこれ説教するのは、

結局相手の心にも届きません。

同じ、同じ。なんで、おせっかいも、ほどほどが大事なんです。

 

 

・・最後に食べ物。

これ、スーパーのカゴ持っちゃうと、ついついね。

キラキラ光る旬の果物見ると、欲しくなっちゃう。

ぴちぴちの切り身のお刺身見たら、食べたくなるし〜。おいしいビールも呑みたくなるし〜。

 

たまに、仕事の合間に、ランチに行きます。

食べるものが、全部机の上に広げられて、ゆっくりお食事いただくの、

本当に素敵だな〜〜と思います。

 

でも、普段だと、台所仕事の前後にも、やること盛りだくさんで、

何を食べたのやら、分かっているのかいないのか・・というような事も多いのが現実。

これじゃ〜痩せられないわよね〜。。

 

仕事しているので、有る程度の買いだめは、やっぱり必要。

だけど、果物だとか、シュークリームだとかは、自分でカゴに入れるときに、

自分の行動に目を光らせています。

 

食べ物で、人の体は作られている訳ですから、

丁寧に暮らしを見つめるのと同じように、口に入れるものも本当は同じように扱いたい。

そんな本も最近多くて、目に染みます。いたた。。

 

私の口は、ゴミ箱ではありません〜。

本当は、食べたくないけど、もったいないから〜〜と言って、

食べ過ぎは、いけませんよ〜〜。

 

南〜〜無〜〜。ちーん!