「明日、世界が終わるとしても・・」

今日ある人が私に、

「知り合いに、世界の最後が近い・・と言われたのだけれども、

だったら何のために生きているのか、甲斐がないというか、

意味が分からなくなりますよね。」と言った。

 

その内容がどうかは問題でなく、命が短い・・と言われたら、「生きている甲斐がない」と

感じてしまうことに、ピンと来なかった。

 

私たちは、元々いつ死ぬか分からない存在だ。

私たちは、今を生きる生き物だ。

 

確かに、すばらしい計画が無駄になるかもしれない。

確かに、誰かの成長が途中までしか見られないかもしれない。

 

でも、「かもしれない」のは、当たり前のことで、

だからこそ、もし、いよいよ、この地球が爆発してしまうような事があっても、

前を向いて、心の明るさをきりりと保ち、きっちり生きる。生きてやるのだ。

 

その明るさの中に、宇宙に飛び立つことや、魂として生き続けるという印を受け取るのか、

なにがなにやら分からないが、そんな活路が開けるのも、

光を見つめ続ける、そんな強さがあってこそだ。

 

何かにぎりぎりになって、男たちが慌てふためいても、

太陽を仰ぎ、清らかな笑顔で微笑みあえる・・そんな私たちでありたい。

 

蟻鯛。