拝啓・・・出張版「カリンバ編」その1

 

 

拝啓 鈴木キヨシ様 (おんらく市場)

(この日は、お二人を同時にゲストでお迎えして、お話を伺いま

 した。BUNさん宛てのお手紙は、こちらから・・)

 

今回は、カリンバ展に『登美子の部屋』出張版/カリンバ編とし

て場を設けさせていただき、ありがとうございました!!

とても楽しかったです。

『登美子の部屋』的時間感覚では、
とても短い時間だったのですが、
カリンバを軸に、キヨシさんとBUNちゃんの楽しいエピソード満載でした。

キヨシさん、お話頂いたにも関わらず、
反面、私に何を聞かれることやら・・という不安を抱いてらっしゃることを、
私もずっと感じていました(笑)。

でも始まれば、場は暖かく、
これまでのこと、たくさんお話いただいて、

本当にありがとうございました。

私としても、これまでになく、

なんだか先生のような気分になりました。
ちょっと手厳しい女先生。

「なんでだろう・・?」そんな気持ちで始まったのでした(笑)。

短いですが、
詩と私の一番心に残ったことをお伝えしたいと思います♪


■詩のプレゼント♪

私の中のキヨシさんのカリンバの歌です。
みんなでカリンバ・ワークショップをした時の印象です。


『ある晴れた秋の日に』 〜四角いカリンバの詩〜


川に小石を投げ入れた
川に小石を投げ入れた

ぽちゃん ぽとん 
ぽちゃん ぽとん 

一人でやっていたけれど
知らない間に たくさん人がやってきて
にこにこしながら 小石を探す

・・

川に小石を投げ入れる
川に小石を投げ入れる

あっちから ぽちゃん
こっちから ぽちゃん

大きな石 ぼとん
小さな石 ぴちょん
鳥も驚き 飛び立ち ぱしゃん

・・

川に小石を投げ入れよう
川に小石を投げ入れよう

ぽちゃん ぽとん 
ぽちゃん ぽとん

一人でやっていたけれど
知らない間に たくさん人がやってきて
にこにこしながら 小石を探す
にこにこしながら 小石を探す


*注釈*
この詩の舞台になっている川は、
BUNちゃんへの詩『流れ』の中の里山の川が舞台なのです♪


■自分の味方 -rhythm♪-

ずっと先輩ですから、本当に色々やってこられた。
ずっと先輩だけれども、やっぱり今も色々ある。

リズム(rhythm♪)は、キヨシさんの味方だった。
いつも味方だった。
お話を聞いていて、そう感じた。

リズムは、キヨシさんの体を揺すり、
リズムは、キヨシさんの心をほぐす。

なんて、仲良しなんだろう・・!
そう感じた。

そしてキヨシさんは、リズムのことを、とても信じている。
そのことに、感動した。

リズムはすごい奴で、誰の心の中にもある。
そのことに、1ミリの迷いもない。
だから、キヨシさんのカリンバは、自由で開放的なのだ。

リズムとみんなを信じている。

それが、
アフリカ産まれで、
おんらく市場育ちの、
キヨシさんのカリンバなのだ。

・・

だから、
私の味方は、なんだろう?って考えた。
文章を書くのも、そうだろう。
そう、言葉。

でも、もっと私に味方してくれるのは、
人を想う気持ちだ。

一人だけだと、私もちっちゃくて、すぐ寂しくなる。
でも、自分以外の人のことを想うとき、私は、強くなる。

なんか、へりくつみたいだけれども、
私の中では、矛盾がない。

私の味方は、人を想う気持ち。

・・

みんなの味方は、何だろう?
そのスーパーヒーローは、誰でもない。
あなた自身だ。
あなたの中にある、あなたの気持ち・・という訳だ。

あなたの味方は、何だろう?
よく考えてみてほしい。
それが見つけられたなら、
生きていくことが、随分すっきりするはずだ。

___________

いろんな意味で、
今ココで、改めて、
キヨシさんのチューニングがまさに合おうとしている時が
来ているように感じた。

キヨシさん率いる、おんらく市場では、
子ども達との音遊びだけじゃなく、
子育て中のママたちと音楽を楽しんだり、
福祉施設を訪問したりしている。

これまでの人生での、多岐に渡る経験を活かしてこそ、
1988年の<日本カリンバ年(今回『登美子の部屋』参加者で決定!笑〜)>から今まで、
キヨシさんに関わってきた方達も、その甲斐あったと喜ばれることだろう。

これからも、心からご活躍を応援しています!

キヨシさん、おんらく市場スタッフのtommyさん、
本当にありがとうございました♪

 

 

■おんらく市場 登美子の部屋お奨め商品

おんらくカリンバ

これが、四角いカリンバ。

アフリカ産まれの、おんらく市場育ちの、キヨシさんのカリンバ♪

 

鼻笛

わたしも、実は一個もってます。

首からぶらさがった姿も、なかなかかわいい。

人が吹いているのを見ると、かなりほほえましい。


■キヨシさんに会いたい人は・・・

アースガーデン“冬”
http://www.earth-garden.jp/festival/

日 程:2011.2.11(金・祝)・12(日)
場 所:都立産業貿易センター台東館@浅草
入場料:800円
*雨天開催

ワークショップや、音遊びが体験できます♪


【最後のおまけ・マル秘エピソード】

今回は、時間が短かったので、
時系列のお話を深めてうかがえませんでした。
キヨシさんファンのみなさんに、マル秘エピソードをひとつ。

キヨシさんは、縫製屋さんの三男坊として、ミシンに囲まれて育ちました。
三男坊・・キヨシさんの奔放さは、ここにも秘密があったのかと、
登美子的には、一番のツボでした(笑♪)

音楽歴で言えば、高校時代のブラスバンド部でリーダー格として活躍し、
芸大で、打楽器の勉強もされたそうです。
自由で開放的なリズムも、実は、その長い音楽歴があってのことなのですね。
納得でした。。